T.M.OFFICE

column 京都「人生がラク」になるイイ話

皇女和宮、
京都から東京へ戻ったのは愛を貫くため?

理不尽な異動を幸せに変える方法

 会社勤めのビジネスパーソンにとって避けられない異動命令。突然上司に「来月から(来週なんてこともある!) ここに行ってくれ」と辞令を渡され愕然とする――そんな体験を持つ人も多いと思います。異動先が今の勤務地よりも近ければいいのですが、引っ越しを伴う遠方の場合は、子供の転校など家族の事情を考えて、単身赴任を強いられる人も少なくありません。

 そんなときは一瞬、目の前が暗くなって「なぜ、こんな目に遭わなければならないんだ」と会社を恨んでみたくなるもの。しかし転職でもしない限り、異動命令を拒否することはほとんどできません。たったらどうやって、この理不尽な命令に向き合えばよいのでしょうか?

 そこで今回は、幕末、天皇の命令で慣れ親しんだ京から、嫌でたまらない江戸へ強制的に嫁がされた皇女和宮(以下、和宮)のエピソードを掘り下げてみたいと思います。

 和宮といえば、幕末の動乱を収めるために「公武合体」の象徴として第14代将軍・徳川家茂に嫁がされた悲劇のヒロイン。天皇の妹で、有栖川宮熾仁親王という立派な婚約者もいながら、突然“恐ろしい江戸”へ泣く泣く嫁いだエピソードは、あまりにも有名です。

 そんな和宮は明治時代に入っても「時代の犠牲者」とされ、和宮を描く映画やドラマはいずれも、彼女の悲哀を描くものばかりでした。そのためか、私たちはすっかり「和宮=不幸な女性」と思い込んでいます。

 しかし、和宮のエピソードをひも解いていくと、悲劇とは少し違う側面も見えてきます。

 たとえば和宮は徳川家へ嫁いで8年目、江戸城開城を機にやっと京都へ帰ることができたのに、わずか5年で“嫌でたまらないはずの江戸(そのときはすでに「東京」)”へ戻り、嫁いだ徳川家の姑・天璋院篤姫と会って食事をしたり、観劇したりしているのです。いったい何が彼女を変えたのでしょうか?

 まずは、和宮の有名な悲劇のエピソードからご紹介しましょう。

嫌でたまらない江戸へ

 和宮が孝明天皇の命令で、第14代将軍・徳川家茂に嫁ぐために江戸へ向かったのは1861年(文久元年)のこと。1853年(嘉永6年)の黒船来航をきっかけに、求心力を失った幕府の立場を強くするために朝廷と合体するという「公武合体」が政策として打ち出され、その象徴として和宮が将軍に嫁ぐことになったのです。

 このとき、朝廷も天皇を尊び、外敵から国を守る思想「尊王攘夷」を推し進めるために幕府の力は必要と考えて、和宮を嫁がせたと伝えられています。

 しかし、孝明天皇がいくら説得しても、京都から出たことのない和宮は江戸が恐ろしくてたまらず、強く拒否したそうです。きっと「なぜ、こんな目に遭わなければならないの?」と目の前が真っ暗になったことでしょう。

 結果的に「家族や皇室に迷惑がかかってはいけない」と自分の心を押し殺し、江戸へ行くことを決意します。そのときの和宮の和歌が残っています。

惜しまじな 君と民のためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

 よほど嫌だったのでしょう。愛する家族や民のために、自分の身を惜しまずに捧げよう、そんな悲哀あふれる和歌に和宮の心情が感じられます。

 一方、孝明天皇は和宮の嫁入りが無駄にならず、これを機に幕府が積極的に「尊王攘夷」を進めるよう、以下の条件を提示しました。

1:老中が交代しても攘夷の誓約は変わらないこと。
2:和宮の降嫁は公武の熟慮の上で決定されたことを天下に周知させること。
3:降嫁前に和宮の内親王宣下(内親王の地位を与えること)を行うこと。

 こうして和宮は京から江戸へ向かうことになったのですが、その行列は総勢1万人以上、距離にして約50キロメートルにも及んだと記録されています。さらに、この行列が通る街道沿いの場所では異例の対応を迫られ、外壁やトイレの建て替えに追われたほか、和宮の輿にぶつかり家が壊れる事もあったと伝えられています。

 和宮の嫁入りがいかに前代未聞の歴史的な出来事だったのかが窺えます。

夫・家茂の愛情が、和宮を変えた?

 そして、ついに江戸城・大奥に入った和宮は、大奥でも御所と同じ生活を送ろうとします。婚礼の際も、夫の徳川家茂より和宮の方が身分が上だったため、将軍・家茂から御台所になる和宮へ挨拶したという前代未聞のエピソードも語り継がれています。

 そんな中、姑であり、大奥を取り仕切る天璋院篤姫との対立も起こり、江戸城は決して、和宮にとって居心地の良い場所とは言えなかったようです。

 しかし、そんな和宮を夫・家茂は優しく受け入れます。家茂は和宮にさまざまなプレゼントをして大切に扱いました。意外にも和宮は家茂に救われたのです。そして家茂と和宮は仲むつまじい夫婦になったと伝えられています。和宮は“恐ろしい江戸”で幸せになったのです。人生、何がどう転ぶか、わかりませんね。

 こうして家茂とラブラブになった和宮は、家茂が上洛するたびに心配で、無事に帰ってくるよう祈り続けました。当時、京では「天誅」と言われる暗殺事件が多発していたためです。和宮は愛する夫の無事を祈って「お百度参り」をしたという記録も残されています。

 しかし1866年(慶応2年)、家茂は大坂城で幕府軍の指揮をとっていたときに脚気(かっけ)を患って病死します。享年21歳。和宮との結婚生活はわずか4年で終わってしまいました。そして家茂の亡骸が江戸に運ばれたとき、和宮は家茂からの最後のプレゼントを受け取ります。それは、和宮が欲しがっていた西陣織の反物でした。このときの和宮の歌が残されています。

京都御所

空蝉の 唐織ごろも なにかせむ 綾も錦も 君ありてこそ

 どんなに素晴らしい衣も、あなたがいなければ虚しいだけ、とうたうこの歌は、和宮がいかに家茂を慕っていたかを物語っています。

江戸城の無血開城に尽力した和宮

 このあと、幕府はどんどん力を無くし、「公武合体」したはずの朝廷は、幕府ではなく薩摩藩と長州藩を「官軍」と定めました。同時に倒幕の動きが加速していきます。そしていよいよ官軍が江戸城へ攻め込もうと近づいてきました。しかし江戸城を目前にして、ピタリと動きを止めています。

 その理由のひとつに、和宮が官軍にあてた手紙がありました。和宮は徳川家のために皇女として江戸城を攻撃しないよう働きかけたのです。それだけではありません。和宮は幕府軍にも「家康公から続く徳川家を滅亡させないように」と家康の名を挙げた説得を試みて、武力衝突を避けるために尽力しています。

 もちろん、江戸城の開城にあたっては、天璋院篤姫が故郷である薩摩に向けた説得など、さまざまな要因があってこそ、西郷隆盛と勝海舟による会談が行われて無血開城に至ったのですが、その裏で、和宮も徳川家存続のために働いたことが記録されています。

 一説では、このときの無血開城がその後の日本を救ったと言われています。幕府軍にフランスが、官軍にはイギリスがついていたため、もし武力対決があったら、日本は外国の占領下に置かれた可能性が否定できないからです。和宮はそんな日本の重要な局面で「公武合体」よりはるかに大きな役割を果たしたことになります。

 こうして日本は明治維新を迎え、江戸城の開城を機に、和宮は念願の京都へ帰ることが許されます。このとき、お伴をしたのは十数人。輿入れ時とは比べものにならないほど、ひっそりとした里帰りだったそうです。

わずか5年で「東京」へ

 京都に帰った和宮は「聖護院」で暮らしたと伝えられています。しかし5年後、「東京遷都」を機にまた東京(このときは、東京になっています)へ舞い戻ってしまいます。実家である橋本家から、「天皇が東京に移られたのだから和宮も東京へ来るように」と誘われたため戻ったそうですが、そのとき和宮はすでに東京に帰りたかったのかもしれません。

 というのも、東京に戻った和宮は天璋院篤姫のところへ出向き、一緒に食事をし、観劇を楽しむなど、「徳川家の人間」として行動した記録が多く残っているからです。そして1877年(明治10年)、夫の家茂と同じ脚気を患い、わずか32歳で亡くなりました。遺言により、墓は徳川家の菩提寺・増上寺にある家茂の墓の隣につくられました。棺の中で和宮は家茂の写真を抱いていると伝えられています。

 和宮の中で、あんなに離れたくなかった京都よりも、夫である家茂や徳川家の方がどんどん大切な存在になっていったのでしょう。再び東京へ戻ったのも、家茂や徳川家の近くにいたかったからなのかもしれません。

現在の聖護院(和宮が暮らした屋敷は別)

人と役割を大切に

 これまで紹介した和宮のエピソードには、異動のときに役立つヒントが散りばめられています。どんなに嫌な異動でも、和宮が家茂との出会いで変わったように、異動先で出会う人を大切にすることや、和宮が江戸城の無血開城に向けて「徳川家」のために働いたように、自分に与えられた役割を果たすことで、幸せな居場所ができるということです。

 こういうと、「女性は嫁ぎ先に尽くすのは当たり前。異動に苦しむ男性とは話は別」なんて考える人もいるでしょう。

 確かに和宮のエピソードには、「女性だから」といえる部分もあるかもしれません。しかし、愛する家茂が亡くなった後も、江戸城の無血開城のために働いた和宮の行動は、女性という枠を超えた、崇高な使命のようなものを感じます。

 もしかしたら、江戸城が攻められる折、和宮の立場であれば徳川家を脱出する道もあったかもしれません。しかし、自分の置かれたそのときの立場と役割をきちんと理解して、その役割を果たしたのです。

 そして何より、「辛い」とか「嫌だ」と思っているその価値観そのものが、時代によって変わるということを忘れてはなりません。和宮が恐ろしく野蛮なところと思い込んでいた江戸が、たった13年ほどで首都に変わってしまったように、あなたの異動先も将来、変わるかもしれません。

 そう考えれば、目まぐるしく変わる時代の価値観に振り回される方がバカバカしいと思いませんか? 大切なのは、どんな時代にも変わらない人との信頼関係と、自分に与えられた役割を果たすこと。

 和宮のエピソードは現代人に、そんなメッセージを送ってくれているような気がします。



【参考資料】
 国会国立図書館デジタルコレクション「九条尚忠文書」 「女たちの江戸開城」(植松三十里/双葉社) 「聖護院」公式サイト、パンフレット  など

(nikkei BP net 2016.8.22掲載)