T.M.OFFICE

column 京都「人生がラク」になるイイ話

運の良さにはワケがある、
武田信玄が“都合よく”死んだ理由

絶対にかなわない強者に勝つ極意

 仕事をしていると時々、とんでもない強者に出会うことがあります。たとえば同じ商品を売っているのに、あっという間に契約を取り付けたり、同じ環境で仕事をしているのに思いもつかない商品を開発したり……。そんな人は、味方なら心強いのですが、ライバルだったら、たまったものではありません。「どんなに頑張ってもアイツにはかなわない」と諦めるしかないのでしょうか?

 そこで今回は、戦国時代、強すぎると恐れられた武田信玄に勝つために“密かに仕掛けられた”かもしれない織田信長の陰のエピソードから、「強者に勝つ極意」を探ってみたいと思います。

 武田信玄といえば“戦国最強”とうたわれた大大名。「風林火山」を旗印に戦国大名たちを次々と討ち負かし、「無敵」と恐れられていました。あの徳川家康も1573年(元亀3年)、「三方が原の戦い」で武田信玄に大敗し、命からがら逃げています。その後、信玄は“奇遇にも”病気で亡くなりますが、もし元気に生きていたら天下を取っていたのは武田信玄だったとも言われています。

 そんな中で、実際に天下統一に奔走した織田信長は、意外にも武田信玄と一度も戦ったことがありません。むしろ自分の姪を養女として信玄の息子に嫁がせ、嫡男である信忠の正室に信玄の娘を迎えるなど、積極的に友好関係を保とうとしていたと伝えられています。ところが武田信玄は、“信長にとっては都合の良い時期に”病に倒れ、亡くなってしまうのです。そして信長は跡を継いだ武田勝頼に、あの有名な「長篠の戦い」で勝利を収め、「無敵の武田軍を破った」ことを足掛かりに天下統一へまい進していくのです。

 ただ、その勝利は武田信玄が“都合よく”病死してくれたおかげで得られたもの、つまり、織田信長はとても運が良かったといわれているのです。

 しかし本当に、運の良さだけで信長は勝ったのでしょうか?

 京都「妙心寺」の塔頭「玉鳳院」には、織田信長と武田信玄の供養塔が仲良く並んで建てられています(通常は非公開)。妙心寺は武田信玄と縁の深い寺院と伝えられているだけに、信玄の隣に信長の供養塔を並べたことには、何か意味があるような気がします。

 早速独自の視点で史料をひも解いてみました。

妙心寺

なぜ、信長はキリスト教を保護したのか

 史料を読み解くほどに、「強すぎる」と恐れられた武田信玄に対して、織田信長は戦いを挑むどころか、友好関係を築こうと努力していたことがわかってきました。

 1565年(永禄8年)、信長は姪を養女にして信玄の息子である武田勝頼に嫁がせることで友好的関係を結んでいます。その姪は男児(後の武田信勝)を出産した直後に死んでしまいますが、その後、信長の嫡男である織田信忠と信玄の娘である松姫の婚約が成立しています。どうやら信長は“強すぎる信玄”を味方につけておきたかったようです。

 ただそのすぐ後、1569年(永禄12年)に、信長がポルトガル人のイエズス会宣教師ルイス・フロイスに対し、キリスト教の布教を許可していることには、不穏な空気が漂います。この出来事と武田信玄とはまったく別のように見えますが、その後のプロセスを時系列で並べてみると、綿密に練られた信長の策略だったように思えてくるからです。

 ズバリ、信長がイエズス会の布教活動を許可した裏には政治的目的があり、そのひとつが「無敵」と恐れられていた武田信玄の攻略だったようにも解釈できるのです。

 当時、イエズス会が信長に、南蛮の文化を多く伝授していることはよく知られています。信長といえば南蛮服を着ているイメージがあるように、積極的に南蛮文化を導入していました。そのひとつである鉄砲を、後の「長篠の戦い」に活用したことは有名です。

 そうした中に、日本では知られていない南蛮の毒薬があったとしても不思議ではありません。その毒薬を信玄に使ったとしたら……信長は「都合よく」信玄を倒すことができるのです。

 史料には、武田信玄の病気は胃ガンで、いつも大量の薬を持ち歩いていたと記されています。もし、その中に毒薬を紛れ込ませたとしたら、信長が姪を信玄の息子に嫁がせたことも、その直後にイエズス会にキリスト教の布教を許したことも、つながってくるように思えてきます。事実、このような仮説は以前からささやかれており、じわじわと殺すためにヒ素を使ったのではないかとも言われています。

 また、この仮説はイエズス会の立場から考えてみると真実味を帯びてきます。イエズス会は世界中にキリスト教を広めようしている国際組織で、日本には1549年(天文18年)に、イエズス会の創設メンバーである宣教師フランシスコ・ザビエルがやって来たことは有名な話です。しかし日本は仏教の国なので、キリスト教の布教は困難を極めていました。

 そんな中で信長がキリスト教を庇護したのです。イエズス会にとって、信長が“救いの神”になったことは間違いないでしょう。信長が天下をとるために尽力するのはごく自然な成り行きといえます。実際にルイス・フロイスの著作「日本史」において信長は終始好意的に描かれており、武田信玄についても「織田信長がもっとも煩わされ、常に恐れていた敵の一人」と、信長を中心に記されています。

比叡山焼き討ちも、本願寺との「石山合戦」も……

 この仮説を基に考えると、1571年(元亀2年)に信長が行った「比叡山の焼き討ち」にも別の目的が見えてきます。歴史上、原因は「信長を裏切った浅井・朝倉に味方したから」とされていますが、それだけの理由ではないように思えてきます。

 もし、このときイエズス会が裏で動いていたとしたら……日本でキリスト教の布教を進めるために仏教に対して、宗教戦争を仕掛けていたのかもしれません。そうだとしたら、信長はキリスト教を保護するために、比叡山を焼き討ちしたとも考えられるのです。

 この考えに立つと1570年(元亀元年)から1580年(天正8年)にかけて行われた、信長と浄土真宗本願寺勢力(一向宗)との戦い「石山合戦」も腑に落ちます。日本史上は「本願寺が権力を持ちすぎていていたから」とされていますが、イエズス会が宗教戦争を仕掛けていて、信長が味方していたのだとしたら、日本仏教の頂点といえる比叡山と本願寺を攻めるのは当然といえるでしょう。

 信長は南蛮の文化や武器を手に入れる代償として、イエズス会の布教活動を支援するという“取引”を行っていたかもしれないのです。

 一方、信玄はすでに出家した仏教徒です。信長が比叡山を焼き討ちしたと聞いて、「天魔ノ変化」と強く非難し、比叡山延暦寺を甲斐に移して再興しようとしたと記録されています。そんな信玄を頼って、比叡山主の覚恕も甲斐へ亡命しており、1572年(元亀3年)、覚恕の計らいにより、信玄は権僧正という高僧の位を与えられています。そして、この出来事はルイス・フロイスの書簡(手紙)にも記されていたことがわかっています。つまり信玄の挙動は逐一、ルイス・フロイスがイエズス会へ知らせていたということです。

 このときイエズス会が、こう思ったとしても不思議ではありません。

 「武田信玄は比叡山の敵討ちで、信長を攻めるに違いない。早く手を打たなければならない」

 手先になったのは、信長が信玄の元へ送り込んだ花嫁とともに入り込んだ者かもしれませんし、イエズス会の布教でキリスト教徒になった信玄の側近かもしれません。事実、信玄の側近が信長へ寝返っていたという噂もあったようです。そんな側近に信長がイエズス会から手に入れた南蛮の毒薬を渡したとしたら、信玄が日々飲んでいた薬に毒薬を盛ることは、とても簡単だったのではないでしょうか。

多くの歴史的人物が供養されているという

上杉謙信も“都合よく”病死

 また、信玄と同様、強者と恐れられた上杉謙信も、信長に“都合よく”病死しています。

 上杉謙信が亡くなったのは1578年(天正6年)、足利義昭が仕掛けた第三次「信長包囲網」と呼ばれる“信長に敵対する大名たち”の中に上杉謙信が入った矢先のことでした。そして謙信も出家した仏教徒であり、晩年には高野山金剛峯寺法印の清胤(せいいん)から伝法潅頂を受け、「阿闍梨権大僧都」の位階を受けた高僧だったのです。

 この病死も信長がイエズス会から手に入れた毒薬による暗殺だったとすれば、すべての辻褄があいます。信玄のときと同じように、謙信の側近も布教で味方につけていたとしたら、馬上酒をするほど酒好きだった謙信に毒を盛ることは簡単だったと思われるのです。

 このように、信長の背景に、イエズス会によるキリスト教と仏教の宗教戦争があったと仮定すれば「比叡山焼き討ち」だけでなく、本願寺との「石山合戦」も腑に落ちます。日本人の価値観で考えると、仏教の頂点に歯向かうなんてとんでもないことですが、キリスト教を布教するイエズス会から見ると当然のこと。そして信長はイエズス会がもたらす南蛮の文化と武器を生かして「天下布武」を成し遂げようとした可能性は否定できません。

 さらには、この裏事情を熟知していた秀吉と家康が、天下を取った後、キリスト教徒を弾圧した理由も理解できます。イエズス会の怖さを間近で見ていたからです。
京都「妙心寺」の塔頭「玉鳳院」に武田信玄と織田信長の供養塔が並んで建てられているのは、このような宗教戦争の経緯から「宗教は違えども、信じる心はひとつ」と諭すメッセージなのかもしれません(あくまで個人的推測です)。

信長と信玄の供養塔が並ぶ「光鳳院」(内部は非公開)

かなわない強者には“誰も知らない方法”で立ち向かう

 また、この仮説からは「絶対にかなわない強者に勝つ方法」のヒントが見えてきます。

 そう、「かなわない」と思う相手には真正面から戦いを挑んではいけません。まず友好的に接しておいて、陰でまったく異なる方法を使えばいいのです。とはいっても、信長のように「日本人が知らない方法」のような大それたものではなく、相手が知らない方法で十分です。

 たとえば、あなたの部下にとんでもない強者がいるとしましょう。年下の部下にどんどん先を越されるなんて辛いこと。数年後に上司になっていたりしたら……と想像するだけで、仕事に対するモチベーションも落ちてしまいそうです。そんなとき、信長の仮説を応用して、「強者の部下が知らないこと」で勝負すると未来が変わるかもしれません。

 まず、その部下が苦手な分野を探りましょう。たとえば仕事ができる人ほど、エンターテインメントに疎いことはよくある話です。あなたの部下もその部類だったとしたら、まずは、今流行の「恋ダンス」をマスターして、忘年会で披露しましょう。「恋ダンス」は結構難しく注目度が高いので忘年会のスターになるに違いありません。

 この後はひたすら「流行のエンターテインメントに強いキャラ」を演じて、同僚の人気を集めましょう。もちろん、流行を素早く取り入れる努力は必要ですが、努力した分、あなたは職場の人気者になるでしょう。そうなれば次の人事異動で「堅物よりも人望のある奴がいい」と、あなたに出世のチャンスが来る可能性が高くなります。このとき、強者の部下はもう、あなたの敵ではないでしょう。

 要は、信長のように、強者には正面から挑まず、異なる分野で勝てばいいということです。

【参考資料】
 ・「現代語訳 信長公記」(新人物文庫/太田 牛一 著、中川 太古 翻訳)
 ・「完訳フロイス日本史」(中公文庫/ルイス フロイス著、松田 毅一・川崎 桃太 翻訳)
 ・「妙心寺」公式サイト、京都市案内看板、観光パンフレット、観光サイトなど

(nikkei BP net 2016.12.12掲載)