T.M.OFFICE

column 京都「人生がラク」になるイイ話

職場の人間関係がこじれたら
「本能寺の変」を思い出せ!

謀反には保証と後ろ盾が必要なのでは?

 時々、ひょんなことで職場の人間関係がこじれることがあります。その相手が上司だったら面倒なことになりかねません。長引くほどに疑心暗鬼に陥って、「このまま自分はダメになってしまうかも。それならいっそのこと……」と“クーデター”などを考えることもあるかもしれません。

 しかし、クーデターはそう簡単に成功するものではありません。実行するには「私、失敗しないので」と言い切れるだけの保証と後ろ盾が欲しいものです。

 そこで今回は、日本史上、最大のクーデターといわれる「本能寺の変」とその“謎”に迫ってみたいと思います。「本能寺の変」といえば「織田信長のパワハラに我慢できなかった明智光秀が起こした謀反」が定説とされていますが、私は以前から「パワハラをされただけで巨大な権力を持つ信長に謀反なんて、できるものだろうか」と疑問を持っていました。

 史料によれば、明智光秀は確かに信長からひどい仕打ちを受けてはいますが、別に切腹を命じられたワケではなく、一族郎党を殺されたワケでもありません。この状態で謀反を起こすには、家を守る立場にいた光秀だけに、相応の保証と後ろ盾が必要だったのではないかと思うのです。逆に考えれば、光秀はよほどの保証と後ろ盾を得ていたからこそ、「本能寺の変」を実行したとも考えられます。

 そこで、びっくりするほど多い「本能寺の変」の「異説」にそのヒントがないか、一つひとつ読み解いてみました。すると……あったのです! 「なるほどこの保証と後ろ盾があったら、光秀でなくても謀叛を起こすかも」と納得できるエピソードが浮かび上がってきました。

 なかでも現代のビジネスパーソンに役立つ「異説」を2つ、深堀りしてみましょう。

現在の本能寺 外観

天下取りの“魔法”が手に入るなら……

 まず紹介したいのは「本能寺の変」は、「イエズス会の陰謀」だったという説です。

 前回の「運の良さにはワケがある。武田信玄が“都合よく”死んだ理由」でも紹介したように、織田信長が「天下布武」を宣言できた裏には、イエズス会のサポートがあったことは否定できないようです。「長篠の戦い」で武田軍を破った鉄砲のように、当時の日本人にとっては“魔法”のような武器や道具を信長に手渡したのは、ルイス・フロイスとイエズス会だったからです。

 その背景には、イエズス会の日本でのキリスト教布教があり、水面下で仏教との宗教戦争が行われていた可能性がありました。信長はそんなイエズス会を保護する代わりに、天下取りの“魔法”を手に入れていたと考えられるのです。

 そうした信長とイエズス会の関係が「本能寺の変」の直前に揺らいだというエピソードは見逃せません。本能寺の変の1カ月ほど前、信長は安土城の中に自身を祭った「総見寺」を建て、そこに「盆石」という自らを神のように祀った石を置いて、見学と参拝を奨励したという史実がありますが、そのことを宣教師のルイス・フロイスは怒りの文章で「日本史」に記録しているのです。

「信長がかくのごとく驕慢となり、世界の創造主であるデウスのみに帰すべきものを奪はんとしたため、――(中略)――その体は塵となり灰となって地に帰し、その霊魂は地獄に葬られるであろう」(ルイス・フロイス著「日本史」=中公文庫『完訳フロイス日本史』より要点抜粋)

 つまり、ルイス・フロイスとイエズス会は「ゼウスのおかげで信長は全国制覇できたのに、自分の力だと錯覚して傲慢になり、ゼウスに取って代わろうとしている。許せない」と解釈したということです。キリスト教が一神教であることを考慮すると、信長自身が神のように振舞っている姿を見て、「許しがたい」と思っても不思議ではありません。

 そうであれば、イエズス会が明智光秀を操って「本能寺の変」を起こさせたことになります。光秀がキリシタンだったという記録はありませんが、光秀が「信長の天下布武はイエズス会のおかげ」と知っていたとしたら、その光秀に「信長を倒したら、私たちはあなたに“天下取りの魔法”を授けます。これであなたは天下を取ることができます」と耳打ちすればいいのです。光秀が「これで自分にも天下が取れる」と確信して動いた可能性はゼロとは言えないでしょう。

 現代のビジネスパーソンでも、自分だけが“成功する魔法”を手に入れられるとしたら、信長が天下布武を宣言したように、「私、失敗しないので」と大胆な行動に打って出ることは十分に考えられるのではないでしょうか?

現在の本能寺 本堂

ルイス・フロイスは「本能寺の変」を詳細に記録していた!

 しかも、ルイス・フロイスは「本能寺の変」のとき、たった200mしか離れていない教会にいて、詳細を記録しているのです。

――(前略)――本能寺と称する法華宗の一大寺院に到達すると、明智は天明前に三千の兵をもって同寺を完全に包囲してしまった。ところでこの事件は市(まち)の人々の意表をついたことだったので、ほとんどの人には、それはたまたま起こったなんらかの騒動くらいにしか思われず、事実、当初はそのように言い触らされていた。

――(中略)――明智の軍勢は御殿の門に到着すると、真先に警備に当たっていた守衛を殺した。内部では、このような叛逆を疑う気配はなく、御殿には宿泊していた若い武士たちと奉仕する茶坊主と女たち以外は誰もいなかったので、兵士たちに抵抗する者はいなかった。そしてこの件で特別な任務を帯びた者が、兵士とともに内部に入り、ちょうど手と顔を洗い終え、手拭いで身体をふいている信長を見つけたので、直ちにその背中に矢を放ったところ、信長はその矢を引き抜き、鎌のような形をした長槍である長刀という武器を手にして出てきた。(ルイス・フロイス著「日本史」=中公文庫『完訳フロイス日本史』より要点抜粋)

 まるで、目の前で信長を見ていたような詳細な記録ではありませんか。これは歴史的に非常に貴重な記録とされていますが、別の見方をすると「なぜ、ここまで詳しく書けるの?」といった疑問が湧きます。

 「日本史」に記されているように、「本能寺の変」が起こったとき、ほとんどの人はたまたま起こった騒動くらいにしか思っていないのです。近くの教会にいただけなら、ルイス・フロイスも同じ状況だったはずです。

 もちろん、事前に“事件が起こると知っていた”なら別ですが……。

現在の本能寺 門前の石碑

上司の“魔法”をつかむ

 このエピソードは、ろくに仕事もできないのに、なぜか出世する「トンデモ上司」との人間関係づくりに役立ちます。その上司がなぜ、実力もないのに出世できたのか、その“魔法”をつかめばいいのです。

 たとえば上司が出世した背景に、得意先の幹部女性との秘密の関係があったとしましょう。それをつかんだら、上司にさりげなくささやけばいいのです。「もしかしたら先日、得意先の女性部長とホテルにおられました?」といったようなことです。

 すると間違いなく上司は「なぜ、こいつ、知っているんだ」と驚きの眼差しをあなたに向けるでしょう。そうしたら、あなたは笑いながらこういえばいいのです。「ちょっとウワサを聞いたものですから。まさか、部長がそんなことされるはず、ありませんものね」そのあとは何もなかったように、真面目に仕事をしていればいいのです。きっと近々、あなたには出世の道が開かれるでしょう。

 ただ、上司の“秘密”を横取りしたり、まねしたりしてはいけません。そんなことをすれば、豊臣秀吉のような一枚上手のライバルが現れて、あなたは左遷されてしまうでしょう。

 あくまであなたは、上司の味方でいるべきなのです。

信頼できる仲間が一番!

 また、「本能寺の変」には最近、注目されている説があります。明智光秀の末裔・明智憲三郎さんが著書『本能寺の変 431年目の真実』(文芸社文庫)で説かれている新説です。おそらくこの説が最も真実に近い“真説”ではないかと思えるリアル感があります。

 簡単に紹介すると、「信長は本能寺で徳川家康の暗殺を企てており、家康を油断させるために少数の手勢で本能寺に招いた。その暗殺を命じられたのが明智光秀だったが、光秀は家康と密約を結び、逆に信長を襲った。この情報が秀吉に漏れており、中国大返しにつながった」という説です。

 この説が真実だとすれば「なぜ、信長は本能寺では無防備だったのか」「なぜ、明智軍の兵士たちが何の疑いも持たずに、信長を襲ったのか」「本能寺の変のとき、なぜ家康が京に向かっていたのか」などさまざまな謎に説明がつきます。さらに“光秀は秀吉に敗れた後も生きていて、「天海」という名で家康の参謀になった”という説も真実味を帯びてきます。(このエピソードは「やられたら死んでもやり返す! 明智光秀“闇”のリベンジ」をご参照ください)

 すべてが腑に落ちる説ですが、それだけに重要な教訓を読み取ることができます。

 そう。「信頼できる仲間が一番大切」ということです。上司との人間関係がこじれても、職場に仲間がいれば、あなたに代わって上司の誤解を解いてくれたり、一緒に謝りに行ったりもしてくれるでしょう。そんな職場の人間関係を破壊しようとすれば、信長のように「是非に及ばず」と自滅するしかないのです。この機会に職場の仲間との関係を見直してみてください。

本能寺内の「信長公廟」

【参考資料】
 ・「完訳フロイス日本史」(ルイス・フロイス著/中公文庫)
 ・「本能寺の変 431年目の真実」(明智憲三郎著/文芸社文庫)
 ・「本能寺」パンフレット、京都府観光サイト など

(nikkei BP net 2016.12.26掲載)